Kernel Code Reading Party #109; 第109回、カーネル読書会

Fri, 28 Mar 2014 19:00 - 22:00


61 participants Shiro Tamatani noriko koedoyoshida super92 さとむ FiS Project tw938402 Seitaro Sugawara Hiroshi Ukai Masahiro ITOH 宮原良介 Iosif Huideyeren Takakura 羽鳥健太郎 Gen-Ichi  Matsuoka 榎真治 Kenichi Aramaki 永田 雅治 + 44 more participants
Register

Registration for this event is closed.

¥1,000 at the door
Snack and Drinks provided. If you are a full-time student, admission is free of charge.

Schedule
19:00 Door Open
19:30 Session Start, Opening remarks, by Hiro Yoshioka,
19:35 Open Printing, Ogasawara san
19:45 昔のLinuxの話, Our Memories of Linux, Koyama san
*Abstract 1991年にLinuxカーネルが公開され、日本である程度広く知られるまでの約10年間の出来事、活動、思い等の話を思い出してみます。
- 小山裕司: 産業技術大学院大学 情報アーキテクチャ専攻 教授、『Linux入門(Addison-Wesley,1995/2)』著者
19:55 Workqueueの話, Linux Workqueue Introduction, Yoshida san
* Abstract Linux Workqueue is a general purpose async execution mechanism.
This is the Linux kernel implementation of a familiar thread pool pattern.
This session introduces Workqueue and explains how Linux resolve this problem.
Linuxカーネルの非同期実行の仕組みとしてWorkqueueというものがあります。
これはスレッドプールのようなものなのですが、Linuxカーネルではスケジューラに「ひと工夫」することでこの問題をうまく解決しています。ここら辺のうまい「ひと工夫」をご紹介したいと思います。
* Linux support engineer at MIRACLE LINUX.
I made my debut for Linux kernel community since 3.13 -- a comment typo fix ;)
MIRACLE LINUXエンジニア。
最近、コメントのtypo修正で念願のカーネルコミュニティーデビューを果たしました。

20:25 Beer Bash