Kernel Code Reading Party #109; 第109回、カーネル読書会

Fri, 28 Mar 2014 19:00 - 22:00

Bit Isle

東京都品川区東品川2-2-28

Shiro Tamatani noriko koedoyoshida super92 さとむ FiS Project Seitaro Sugawara Hiroshi Ukai Masahiro ITOH 宮原良介 Iosif Huideyeren Takakura 羽鳥健太郎 Gen-Ichi  Matsuoka 榎真治 Kenichi Aramaki 永田 雅治 + 45 more participants
Register

Registration is closed

Get invited to future events

¥1,000 at the door
Snack and Drinks provided. If you are a full-time student, admission is free of charge.

Schedule
19:00 Door Open
19:30 Session Start, Opening remarks, by Hiro Yoshioka,
19:35 Open Printing, Ogasawara san
19:45 昔のLinuxの話, Our Memories of Linux, Koyama san
*Abstract 1991年にLinuxカーネルが公開され、日本である程度広く知られるまでの約10年間の出来事、活動、思い等の話を思い出してみます。
- 小山裕司: 産業技術大学院大学 情報アーキテクチャ専攻 教授、『Linux入門(Addison-Wesley,1995/2)』著者
19:55 Workqueueの話, Linux Workqueue Introduction, Yoshida san
* Abstract Linux Workqueue is a general purpose async execution mechanism.
This is the Linux kernel implementation of a familiar thread pool pattern.
This session introduces Workqueue and explains how Linux resolve this problem.
Linuxカーネルの非同期実行の仕組みとしてWorkqueueというものがあります。
これはスレッドプールのようなものなのですが、Linuxカーネルではスケジューラに「ひと工夫」することでこの問題をうまく解決しています。ここら辺のうまい「ひと工夫」をご紹介したいと思います。
* Linux support engineer at MIRACLE LINUX.
I made my debut for Linux kernel community since 3.13 -- a comment typo fix ;)
MIRACLE LINUXエンジニア。
最近、コメントのtypo修正で念願のカーネルコミュニティーデビューを果たしました。

20:25 Beer Bash

About this community
Kernel Code Reading Party (YLUG), カーネル読書会

Kernel Code Reading Party (YLUG), カーネル読書会

The Kernel Code Reading Party is an informal technical seminar. The topics include, but not limited are, Linux Kernel, Open Source Software, Community, Cloud Computing, and so on. The session is v...

Join community